TOP > 委員会 > 利益相反委員会

学術集会におけるCOI 開示

利益相反とは

利益相反(conflict of interest:COI)とは、本学会が推進する医学研究によって社会に還元される公的利益と産学連携等により生じる私的利益があり、このような二つの利益が学会員個人の中に生じる状態を指します。

開示する対象者・条件

演題発表時は利益相反の開示が必要となります。
開示が必要となる対象者は筆頭演者のみです。
発表する演題が、以下の条件に該当する場合には利益相反状態の申告が必要となります。

1.発表演題が「臨床研究」である。

 当学術集会における発表は、原則的に「臨床研究」に該当すると考えられます。
臨床研究」の定義については『臨床研究の倫理指針』(厚生労働省)を参照してください。

2.演題登録から過去1年以内に、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体から、下記のいずれかに該当する報酬などを受けている。

① 企業・法人組織,営利を目的とする団体での役員.顧問
 ➪ 年間の合計収入が100万円を超えた場合
② 産学連携活動の相手先のエクイティ(株保有・利益など)
 ➪ 年間の株式による利益(配当,売却益の総和)が100万円を超えた場合或いは当該全株式の5%以上を所有する場合
③ 企業・組織や団体からの特許使用許諾ならびに特許使用料
 ➪ 特許使用許諾もしくは1つの権利使用料が年間100万円を超えた場合
④ 企業・組織や団体から,会議の出席(発表)に対し,研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)
 ➪ 1つの企業・団体からの講演料が年間50万円を超えた場合
⑤ 企業・組織や団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料
 ➪ 1つの企業・団体からの原稿料が年間50万円を超えた場合
⑥ 企業・組織や団体が提供する研究費および金品・便宜の提供
 ➪ 1つの企業.団体から医学研究(受託研究費,共同研究費,臨床試験など)に対して支払われた年総額が間200万円を超えた場合
⑦ 企業・組織や団体が提供する奨学(奨励)寄付金および金品・便宜の提供
 ➪ 1つの企業・組織や団体から,申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野など)或いは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円を超えた場合
⑧ 寄付講座所属
 ➪ 企業・組織や団体が提供する寄附講座に申告者が所属している場合
⑨ 研究とは直接無関係な旅行,贈答品,金品,便宜などの特別な提供
 ➪ 1つの企業・組織や団体から受けた提供の総額が年間5万円以上の場合

ただし⑥、⑦については、筆頭発表者個人か,筆頭発表者が所属する部局(講座・分野など)あるいは研究室などについて、研究成果の発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業・組織や団体からの研究成果に関連する研究経費、奨学寄付金などの提供があった場合は、これを申告する必要があります。

利益相反状態開示の方法

演題発表時には、利益相反状態の開示が必要になります。
利益相反の有無を、口演演題はスクリーン掲示、ポスター演題はポスター掲示にて開示して下さい。
開示書式は、下記よりダウンロードを行って下さい。
(口演演題はスライドの二枚目、ポスター演題はポスター掲示の最後に掲示して下さい。)

日本臨床検査医学会の開示書式